【ジニア(SAR)】買取価格(値段)や相場推移を最新の高騰・下落予想とあわせて紹介

【ジニア(SAR)】買取価格(値段)や相場推移を最新の高騰・下落予想とあわせて紹介
本記事は広告を掲載しており、記事で紹介されているサービスを利用すると、売上の一部が(カードコンパス)に還元されることがあります。

この記事でわかること

  • ジニア(SAR)の買取相場・価格推移
  • 売るべきタイミング
  • 買取におすすめのポケカ通販サイト

自分が持ってるカードの買取価格っていくらか気になりますよね。

しかも、ポケモンカードはTCGのなかで値動きが激しいジャンルなので、余計に現在の相場や価格推移が気になる方も多いでしょう。

そこで今回は最新の買取相場や価格推移、今後の値動きについてわかりやすく紹介していきます。



DOPA
オリパ初心者向け
・オリパ界隈屈指の還元率
・業界最多のガチャの演出
・独自のポイントシステムで人気カードを確定Get
・PayPay対応で手軽に遊べる

SparkOripa
損をしたくない人向け
・アド確定のオリパがある
・ポイントの還元レートが業界最高峰
・アクセスエラーが起きるほどの人気サイト
・ラストワン、キリ番賞がある

Iris
・一定回数ごとに目玉カードが当たるガチャあり
・LINE連携で500円分の無料ポイントあり
・高還元率のオリパ多数
目次

ジニア(SAR)の買取価格・相場【最新】

正確な情報をチェックしてもらうために編集部では以下のような条件で相場や買取価格を調査しました。

価格表の作成条件
※読まなくても問題ありません。

  • 紹介する価格は記事作成時点で最新のものとする。
  • 買取価格が相場や他サイトとの差分が多いサイトの掲載は行わない。
  • 買取価格が1カ月以上更新されていないサイトの掲載は行わない。
  • 「高査定の付きやすさ」については口コミや実際の買取実績、編集部の調査を考慮して4段階で相対評価。

高価買取を目指すなら「買取価格」だけでなく、「高査定の付きやすさ」もサイト選びに必要なためチェックするのがおすすめ!

ジニアSAR

【ジニア(SAR)】
現在の買取価格・相場

  • 通販サイト(買取):700円前後
  • 通販サイト(販売)1,400円前後
  • フリマアプリ:1,000円前後

当たる確率・封入率

6~33BOXに1枚
(約3%)

売り時チェック

ジニア(SAR)は価格が横ばい~やや下落気味に推移しています。特段高騰する要因がないため、これ以上の下落を避けたいなら買取価格がついている今のうちの売却がおすすめです。

編集部のおすすめ

買取サイトでは、遊々亭がおすすめです。

入金方法をポイントにすることで査定額をお手軽に10%UPできます。

また、会員登録を行うことで買取価格がさらに5%上がるので、カードの売り買いが多い人はお得ですね!

フリマアプリでは、ネット買取よりも平均相場がかなり高いです。

しかし、フリマアプリは手間もかかりますし、最高値ではなかなか売れません。

そう考えると、安定して売り買いできるネット買取のほうがおすすめです。

ジニア(SAR)の価格推移

相場・価格推移グラフ

価格推移グラフ

相場・値段推移の表
※基本的に個人経営のショップは含まず大手サイトの買取価格を参考に作成しています

スクロールできます
年月発売初動
(2023年1月)
2023年7月2023年8月2023年9月2023年10月2023年11月2023年12月
宅配買取1,600円600円600円800円800円800円800円
通販販売4,000円1,600円1,600円1,500円1,500円
フリマアプリ4,000円1,600円1,600円1,500円1,000円
◆全体相場を計算するために参考にしたサイト
  • カードラッシュ
  • セラ
  • メルカリ

ジニア(SAR)の価格推移【メルカリ】

メルカリなどのフリマアプリは価格のレンジが広いため、月ごとの最高売買価格&最低売買価格を紹介いたします。

相場・価格推移グラフ

価格推移グラフ

相場・値段推移の表

スクロールできます
年月発売初動
(2023年1月)
2023年9月2023年10月2023年11月2023年12月
平均4,000円1,600円1,600円1,450円1,000円
最高値4,200円1,700円1,700円1,500円1,200円
最安値3,700円1,500円1,500円1,400円800円

【高騰・下落?】今後の値動き・相場推移を予想

今後、ジニア(SAR)の値段や価格は徐々に下落orこのまま推移する可能性が高いです。値動きを左右するポイントはこちら。

値動きを左右する要素
  • 【維持予想】SARカードは希少性・イラストアドが一定数ある
  • 【下落予想】対戦環境であまり使われていない
  • 【下落予想】同パック収録のSARが軒並み下落している

価格を予想するためのキーとなる理由についてこれから詳しく紹介していきますね。

【維持予想】SARカードは希少性・イラストアドが一定数ある

SARはイラストアドが高く封入率もSRより低いため、コレクター需要が高いレアリティです。

封入率の比較

  • SAR…約6BOXに1枚
  • SR…1BOXに1枚

特に同じポケモンのSARとSRの価格を比較すると、SARの方が約4倍~18倍も高額です。

スクロールできます
リザードンexSAR(悪テラスタル)
初動価格48,000円前後(約4.8倍)
買取価格18,000円前後(約18倍)
参考価格
SRリザードンex 悪テラスタル
初動価格10,000円前後
買取価格1,000円前後
参考価格

ジニア(SAR)も希少性のあるカードのため、現状の買取価格から大幅な値下がりは考えにくいでしょう。

そのため、ジニア(SAR)の価格はこのまま推移すると予想できます。

【下落予想】対戦環境であまり使われていない

ジニアのカード効果

自分の山札から進化ポケモンを2枚まで選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

山札から進化ポケモンを2枚まで選んで手札に加えるカード。

記事執筆現在(2023年12月)では悪リザードンやサーナイトなどの進化ポケモンが中心のデッキが対戦環境では強いですが、それらのデッキでジニアはあまり採用されていません。

進化ポケモンで戦うデッキはふしぎなアメを使って進化するのが主流なため。

2023年12月のポケカ環境デッキ

tier1ギラティナVSTARリザードンexRRトドロクツキexRR
tier2パオジアンexミュウVMAXミライドンex RR
tier3サーナイトexルギアVSTAR
tier4サーフゴーexテツノブジンexRR

実際、進化ポケモンが中心の環境デッキでは1進化目のポケモンがほぼ採用されておらず、進化ポケモンしか手札に加えられないジニアは使い勝手が悪いです。

そのためジニアは現在の対戦環境においてプレイヤー需要が見込めないため、買取価格が下落すると予想されます。

【下落予想】同パック収録のSARが軒並み下落している

ジニア(SAR)が収録されている「スカーレットex」には全部で5種類のSARが存在し、初動と比べるとどのカードも買取価格が軒並み下落しています。

スクロールできます
サーナイトex

サーナイトexSAR

初動価格18,000円前後
買取価格
(現在)
13,000円前後
参考価格
ボタンSAR

ボタンSAR

初動価格13,000円前後
買取価格
(現在)
4,000円前後
参考価格

ポケモン公式が実施した2020年に実施した人気投票で「総合9位」「エスパータイプ1位」と、大人気ポケモンのサーナイトでさえ相場が下落しています。

加えてサーナイトは対戦環境で活躍する強力なカードなので、キャラ人気だけでなくプレイヤー需要も高いです。

そのためキャラ人気が特に高いわけでもなくプレイヤー需要の少ないジニア(SAR)は同パックのSARよりも下落すると考えられるでしょう。

ジニア(SAR)の売るべきタイミング・期間

ジニア(SAR)の売り時!

ジニア(SAR)の売り時は、今すぐの売却が特におすすめです。

  • 高騰しやすさ
  • 下落しやすさ

ジニア(SAR)は初動こそ1,500円前後で取引されていましたが、現在は再販による流通枚数の増加によって買取価格が大幅に下落しています。

また、対戦環境においてプレイヤー需要も少ないため、今後値上がりする可能性はかなり低いと考えられます。

そのため、これ以上の下落リスクを避けたい人は買取価格が付いている今のうちの売却がおすすめです。

保存状態のチェックのために一度査定に出してみるのはおすすめ!
※ポケカはトレカの中でもカードの状態による価格差が激しいため。

なぜ高い?ジニア(SAR)が高額買取な理由

  • 「ジニア(SAR)ってどうして高額買取なの?」
  • 「何かの拍子に値下がりしないかな・・・」
  • 「値段変動が不安」

と、心配に感じる方に向けてジニア(SAR)が高額で売買される理由を以下にまとめました。

高額売買される理由
  • SARの封入率の低さ(約3%)
  • イラストアドがある

なかでも、SARの封入率の低さはジニア(SAR)が高額で売買される理由としては大きく関与しています。

SARの封入率の計算方法

「スカーレットex」収録のSARは全5種類。SARの封入率の計算方法が当たる確率は6BOXに1枚程度。

ジニア(SAR)が当たる確率は、単純計算で【6BOX×5種類=30BOX】 約3%

SAR特有のイラスドアドはもちろん封入率もSRより低くコレクション性が高いため、ジニア(SAR)は高額売買されています。

ジニア(SAR)のPSA10の買取価格・相場

PSA10とは

PSA鑑定における最高評価です。つまり“最もカードの状態が良い”と、お墨付きを受けているため高額な値段が付きやすいです。

そんな最高状態の買取価格は以下のようになります。
※基本的に買取価格が明確にされていることが少ないので、販売価格を参考にしていただけると幸いです。

ジニアSAR
買取価格・相場
(サイト)
販売価格・相場
(サイト)
5500円
価格・相場
(フリマアプリ)
4700円

ジニア(SAR)の基本情報

封入パック拡張パック
【スカーレットex】
(sv1S)
パック発売日2023年1月20日
種類/レアリティサポート/SAR
発売初期の相場
(初動)
1,600円前後
イラストレーターOswaldo KATO
(加藤オズワルド)
封入率
(当たる確率)
6~33BOXに1枚
(約3%)
型番104/078

ジニア(SAR)と同じパックに収録されている高額買取カード

サーナイトexSAR

【サーナイトexSAR】
現在の買取価格・相場

  • 通販サイト(買取):10,600円前後
  • 通販サイト(販売)17,800円前後
  • フリマアプリ(メルカリ):14,600円前後

当たる確率・封入率

6~30BOXに1枚

売り時チェック

スカーレットexが再販する前に売却するのがおすすめです。価格が安定しているカードのため、長期の保有を目的としていない方は早めの売却も検討しましょう。

ボタンSAR

現在の買取価格・相場

  • 通販サイト(買取):5,800円前後
  • 通販サイト(販売):10,000円前後
  • フリマアプリ:6,800円前後

当たる確率・封入率

6~30BOXに1枚

売り時チェック

ボタンSARは現在下落傾向にあります。相性のいいポケモンの登場やPSA鑑定の影響での高騰を見越して今は売らない方がいいでしょう。

ネストボールUR

【ネストボールUR】
現在の買取価格・相場

  • 通販サイト(買取):6,500円前後
  • 通販サイト(販売):8,700円前後
  • フリマアプリ:8,300円前後

当たる確率・封入率

6~30BOXに1枚
(3.3%/1BOX)

売り時チェック

ネストボールURの相場は下落傾向にありますが、今後の高騰の期待値が非常に高いカードです。再販も続いている今は売らずに持っておくのがいいでしょう。

【よくある質問】ジニア(SAR)の傷ありは買取価格がどれくらい下がる?

基本的に買取サイトの査定は厳しく、1mm程度の小さな傷でも買取額が50%下がる場合もあります。

カードの状態によっては、買取を受け付けていない買取サイトもあります。

減額される査定基準
出典:もえたく

ポケカ白かけ

白欠け:約50%〜の減額

ポケカ初期傷

初期傷:約30%〜の減額

ポケカ折れ

折れ:約70%〜の減額

ポケカ傷

傷・へこみ:約50%〜の減額

軽度な反り

軽度な反り:約30%~の減額

ポケカ大きな反り

大きな反り:約50%〜の減額

ポケカ(スレ)

スレ:約50%〜の減額
(表面がくもっている状態)

ホロ欠け

ホロ欠け:約50%〜の減額

塗装剥げ

塗装剥げ:約70%〜の減額
(深い傷・下地が見えてしまっている状態)

めくれ

めくれ:約50%〜の減額

ジニア(SAR)(傷あり)の買取減額率

  • 初期傷(約30%〜減額):買取価格490円
  • 軽度な反り(約30%〜減額):買取価格490円
  • 大きな反り(約50%〜減額):買取価格350円
  • 白欠け(約50%〜減額):買取価格350円
  • 傷・へこみ(約50%〜減額):買取価格350円
  • スレ(約50%〜減額):買取価格350円
  • めくれ(約50%〜減額):買取価格350円
  • ホロ欠け(約70%〜減額):買取価格210円
  • 折れ(約70%〜減額):買取価格210円
  • 塗装剥げ(約70%〜減額):買取価格210円

※執筆時の買取相場700円を基準に減額率を計算

傷ありカードの減額は避けられませんが、なるべく高額で買い取ってもらいたいなら「もえたく!」がおすすめです!

査定金額が200円以上のカードに限り、買取価格が10%アップするキャンペーンを実施しています。

【よくある質問】ネット買取(宅配買取)と店頭買取はどっちがお得?

編集部の調査結果

比較項目ネット(宅配)買取店舗買取
買取価格
納得感
手軽さ
総合評価

買取を希望する人のなかで最も大切なのは買取価格。

そんな買取価格ですが、ネットとリアル店舗では買取価格に大きな開きはありません。サイトや店舗にもよりますが僅差でネット買取のほうが高くなる傾向にありました。
(※カードによる違いはあります。)

ネット買取は店頭買取と違い、買取価格の比較がしやすいのも大きなメリット

一方で店頭だと査定結果への質問や交渉もすぐにできますが、ネット買取でも質問や相談はメールで出来ます。

手軽さは全国どこにいても買取依頼ができるネット買取の圧勝。

  • 「今すぐお金が必要!」
  • 「1秒でも早く売りたい・・・」

上記のような状況でもない限りはネット買取がおすすめですよ。

【よくある質問】ネット買取とフリマアプリ(メルカリ)はどっちがおすすめ?

編集部の調査結果

比較項目ネット(宅配)買取フリマアプリ
買取価格
納得感
手数料
キャンペーン
手軽さ
総合評価
相対評価で決定しています。

上記の比較表の通り、フリマアプリの方が買取金額では高い値段が付きやすい傾向にあります。

ただし、価格設定を高くすると売るまでに時間が必要です。

その間に相場価格が変動してしまい、結局売却できないといったケースも珍しくありません。

一方で、宅配買取はキャンペーンなどで買取金額が15%あがったり、送料や手数料が発生しないといったメリットがあります。

そのため、以下のように用途に合わせて使い分けもおすすめ!

  • 時間や手間がかかってもいいから高値で売りたい→フリマアプリ
  • 手軽に安定した価格で売却したい→宅配買取

また、どちらも同時平行できるので、満足のいく結果のほうに売却するといったことも一つの手ですね。

まとめ:ネット買取でジニア(SAR)は高額査定が期待できる

ここまで読んだ人へ

じっくりと記事を読んだあなたは買取依頼を悩んでいるのはないでしょうか?

  • 「これからジニア(SAR)が高騰してあとから後悔するかも」
  • 「買取してほしいけど、ネットでちゃんと査定してもらえるのかな・・・」

ネット買取といっても査定に出したカードを必ず売却する必要はありません。

むしろ目の前に店員さんがいるわけではないので、査定に納得がいかない際は簡単に買取を辞退できちゃいます

送料や配送キットの負担をしてくれるカードショップも多く、実負担0円で査定に出せるショップもあります。

自分のカードにどのくらいの価値が付くのかを調べる意味で一度査定を受けてみるのもおすすめですよ。

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次